注文住宅建築中にしておきたい5つの事!

更地の状態から地盤調査そして基礎工事

建物を建築する土地と言うのは地盤がどのような状態になっているのかの調査が必要です。
地盤の良し悪しは、ボーリング調査を実施することで調べる事が出来、必要に応じて地盤改良を行った上で基礎工事を始める事になります。
基礎工事は住宅の土台となる部分でもあり、建築中に定期的な見学をすることがお勧めで、見学をしている人がいることで基礎工事をしっかりと行って貰うことが出来るためです。
注文住宅の場合でも手抜き工事が行われてしまえば、住宅の耐久性が弱くなってしまう事もあるため、見学を実施することで手抜きがを防止することが出来ると言うメリットに繋がっていきます。
これは、施工主が見学に来ることで作業を行う人も見られている感があるので手抜きをしなくなると言う事です。

建築資材の保管の仕方、後片付けもチェック

建築現場にはこれから使用する建築資材が搬入される事になります。
建築資材の多くは木材であり、木材は雨を吸収し易い建材であることからも保管の仕方などに付いてもチェックしておきましょう。
作業終了後には木材の破片やゴミなどを綺麗に片づけてから帰っているのかと言うチェックも品質に関与してくるので行うようにするのがお勧めです。
木材は雨に濡れる事で水を吸収してしまうので、作業終了後にはビニールシートなどを被せて保管をすることが大切で、後片付けの一つとしてビニールシートで被せて在るのかをチェックしておきます。
また、見学する時には飲み物を持って行く事でコミュニケーションを取り易くするので、毎回ではなくても良いので定期的にお茶などの飲み物を持参した上で見学をすることで建物の品質が向上することになります。

新築一戸建てに憧れる人は多いのではないでしょうか。幸せな家庭の象徴として一戸建てを所有することを目標にすれば、仕事のモチベーションもあがるでしょう。

© Copyright Building & Budgeting. All Rights Reserved.